遺伝子検査で生活習慣病のリスクを回避

生活習慣病のリスクは生活習慣と遺伝子から

生活習慣病はその名前の通り毎日の食生活や運動量、アルコールやたばこの摂取量が原因となります。その他にもその方の体質なども関係していますが、多くの場合は生活習慣でなるものだと考えられていました。

しかし、遺伝子検査が一般的になってきてからは、遺伝子が深く関係していると言う事が分かったのです。

どうして遺伝子が生活習慣病と関係が有るのか?それは親や先祖からの遺伝に有ります。よくがんになりやすい家系や、糖尿病が多い家系等が聞かれますが、これも遺伝子によるものです。もしかすると自分が知らないだけでなりやすい病気と言うのが遺伝子に組み込まれているかもしれません。

その事は遺伝子検査をしない限り知る術が無いので、ただやみくもに健康に良いとされるものを実践していくしか方法が有りません。それではあまりにも効率が悪いのではないでしょうか。自分の遺伝子に組み込まれている病気の情報を知ることが出来れば、それに合わせた健康対策を取る事が出来ます。

生活習慣病遺伝子検査を受けてみる

生活習慣病の事が気になるのであれば遺伝子検査を受けてみる事をおすすめします。遺伝子検査と言うととても難しく複雑なものだと言う印象を受けますが、最近ではとても簡単に行えて、費用も低価格で出来るものも登場しています。また、医療機関が行うと言うものも有りますが、企業が検査キットを販売しているものも有るのでそれぞれのキットの良い所や自分に合っているかどうかを比較してどれを購入するか決めるのが良いでしょう。

遺伝子検査を受けると、中には思っていたよりも結果が悪くて落ち込んでしまう方もいらっしゃいますが、肝心なのは検査を受ける事よりもその後をどうするかなのです。気を落とし過ぎる事無く病気予防対策を練りましょう。少なくとも何も遺伝子の情報を知らないよりかは病気の対策が取れる事は確かです。

また、企業が発売している検査キットは何個か使用してみるとそれぞれ結果が違っている事が有ります。それは検査の方法が違っているのでそうなってしまうのですが、カウンセリングやアフターフォロー等のケアが整った企業のものを選ぶのが良いです。

自分の遺伝子にあった生活習慣病対策

遺伝子検査をすると自分の遺伝子情報が分かり、生活習慣病に対する意識が高まりますが、同時に自分に合っているダイエット法も分かります。どうしたら痩せやすいのかなども、その方のDNAや遺伝子によって違っているからです。

また、生活習慣病予防をするためにはこんな食品は控えた方が良い、今の運動量で十分なのか、などの自分自身に合った健康対策の取り方が分かります。今まではテレビや雑誌などで紹介されている同じ健康法を皆同じようにするというものが主流でしたが、これでは中にはそのやり方ではあまり効果が望めないと言う方もいらっしゃいます。そういった事を無くし、自分に合った健康法を知る事が出来ればあまり効率的では無い事はせずに、効果の望める事だけを集中してできます。これはダイエットにも同じ事が言えます。

よく自分の体に合った健康法が大事と言いますが、その前に遺伝子と健康法が合っているかどうかが大事なのです。遺伝子は生まれてからずっと一生変わる事が無いので、一度情報を知れば一生ものになります。